リセット!レコオヤジ!

2011年11月15日

インドネシアのレコード1

いんどねしあ4.JPG

以前「崖っぷちレコ・オヤジ69」で紹介したことのあるエルニ・ジョハンの10インチがe-bayに出品されていた。何と20ドルを切る破格の値段だ。インドネシア・ガレージ物最高峰の一枚であるこの10インチが20ドル切るとはビックリである。ほとんど知られていないからこの値段なのか状態が悪いのかはわからないけど、Zaenal Comboの演奏とは思えないぶっ飛びかたとエルニの可愛くて力強いヴォーカルが魅力な名盤だ。辺境ものを追っかけてるあなた、この盤知らなきゃモグリだぜ!

いんどねしあ1.JPG

o.m shintariaなんて初めて聞くオルケスです。ジャケがいいですね。o.mものってたまにこうしたジャケがいいアルバムありますね。ただ、ジャケがいいからといって中身がいいわけじゃないから買うのには勇気がいるんだけど、コレは正直欲しいです。

いんどねしあ2.JPG

こちらもいいジャケだなぁ。クロンチョンのレコードだそう。

いんどねしあ5.JPG

ビーチボーイズ「スマイル」が話題なので、じゃ〜、インドネシアのビーチガールズを。というかジャケの後ろは濁った川じゃねえかよ!バリのビーチでジャケ写撮るとかいう発想ないのかね。ないよな〜。

ということで今日はきれいに終わった。

こんな記事あったの知りませんでした。
       ↓
http://www.nankyokusei.com/articles/2011/03/post-3.php
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 22:11| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

応援してますikke nurjanah



「中村とうよう アンソロジー」を見ていてダンドゥット歌手Ikke nurjanahを思い出した。
2002年のベスト・アルバムにとうようさんはイッケのSelalu Mlikmuを選んでいる。当時オイラは「へ〜とうようさんがイッケを選ぶとは意外だな」と思った。もうダンドゥットなんかには愛想を尽かしていたと思っていたからだ。しかもこれからのダンドゥット界を背負っていくイッケ選ぶとは..。

あれから9年、いやSelalu Mlikmuが出てから10年は経っているでしょう。
その間、ベスト・アルバムに選出できるようなダンドゥットのアルバムは一髪屋で終わったIyeth Busutami/Laksmana Raja di Lautぐらいだ。そしてダンドゥットを取り巻く状況も大きく変わった。“生命力を反映する無節操さ”今のインドネシア音楽界にはない。オイラもこの世界から足洗う寸前だ。

でもちょっと待った!イッケの上記PVを見て考えを改めた。イッケちゃん頑張ってるやん!KOPLOやHousse〜discoなど生命力にかけ、歌心も忘れたゲテモノが蔓延る中、彼女頑張ってる。応援していこうぜ!酒飲んでるのにマジメに決意するオイラだった。



熟女になったイッケもいいけど、全盛期を体験できたのは一生の思い出。

気になったBag

レコード.JPG

今日は最後までインドネシアねたでいきましょう。彼女が持っているレコード形バック、かわいいじゃないですか。オヤジが持っても意味ないよね、て感じだ。モデルの彼女もイイ!ジョン&ヨーコのTシャツきて大き目のメガネ、ちょっとおじさん、デートしたいなぁ〜。バックRp.150.000なり、付き合ってくれたらおじさん買ってあげるよ!ウフフ...楽しみ!
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 20:16| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

ナイスなカバー!



知りませんでした。以前、P.ラムリーのMadu Tigaのカバーを紹介したことがありましたが、なんとダンドゥット史上に残る名作、ムクシン・アラタス「Pasrah」をオリジナルに近いナイスなロック調でカバーです。いや〜オイラもダンドゥット・バンドでカバーしましたこの曲。歌とは関係ないPVがまたなんともいえない作品ですが、P.ラムリーをカバーしたのにロマ・イラマの曲をやらないのがさすがです。オイラに言わせりゃ、ロマ・イラマはダンドゥット・アーティストとしては一流かも知れませんが、歌手としては2流でしょう。当然、今さらカバーなんてしない。Version.2のPVもあります。最後の方にムクシン聞こえてくるぜ!感激!
http://www.youtube.com/watch?v=ffZrs3l-Qw0&feature=related

冒頭のPVみて思ったけど、インドネシアでメイド・カフェってあるのか。


墓場にもって行きたいコント



いや〜こんなコントがTVで見れた時代に生きていたんだから幸せですよ。
墓場までもって行きたいです。
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 18:58| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。