リセット!レコオヤジ!

2012年11月09日

プランテーションからの届きもの!

べにゃみん.jpg

プランテーションのツイッター、プロフィールに「最近エア・レコード店として再出発しました。」と書いてあってちょっと受けてしまいました。

久しぶりに連絡があってまずは見たことない上記ブツをゲット。なかなかいいジャケで気に入っている。ベニャミン死後に再発されたものではない80年代前半オリジナル作品であろう。内容はPOP BETAWI JAIPONG.直訳するとジャイポン風なブタウィ・ポップス。まぁこの時代このジャンルは多くあった。例えばワルジナなんかはPOP JAWA JAIPONGとかやっていたしね。A面6曲がベニャミン&イダ・ロヤニでB面はブタウィものである。A面6曲、すでに再発カセットで聴いていたので特に驚きはなし。ただし、アレンジャー表記にL.ARIBOWOの名がある。チャンプルDKIで日本でも知られたぶっとびプロデュサーだ。ほんとかな、この音のアレンジはUNTUNG YUSという人だと思うんだけど、まぁいいや...

面白かったのがB面のブタウィもの。O.K.BETAWI MANA TAHAN全く知らない。O.K.BETAWI(ブタウィのオルケス)の表記もあまりみないけど、Lenong Betawi(ジャカルタ語喜劇)ぽくもあるけど、ちゃんと歌っている。こういうのあまり聞いたことなく、ひろいもんでした。

こじぇ.jpg

待ちにまった、いそうでいなかった、ブタウィ・ラッパーのkojek.ガンバン・クロモンをサンプリングネタに使い、ベニャミン、スカルノの声を使い、si putingというブタウィの映画の一部をサンプリングする。まぁオイラとしては合格点なブタウィ・ラッパーである。が、キャッチーなトラックがないのが少し淋しいのと、いろいろ映像を見たけどライブ・パフォーマンスはいま一つだ。CD聴いていた方がいい。まぁこれからの課題ということで。



最近発見した!気に入っているのだこのPV.音もgambang modern でナイスじゃないですか。オイラの知らないところでおもろい音楽が息づいている、インドネシア!



いい機会だからオイラの好きなラッパーを紹介しておく。ブタゥィ・ラッパーといえばこのNEOを思い出す。90年代後半だっただろうか。知ったかぶりな日常生活を皮肉ったライムがいかすグループだった。



これも古いなぁ〜!でもクロンチョンをサンプリングしたグループてこれしか知らない。もっとエグイやつが出てこないかと期待しているのだが。



コイツは大好き!まずシャツが好き。メガムンドゥン柄。青い柄だったらもっと好きになってるね。それからクラトン(王宮で)買ったと思われるCAP.で、やっぱりパブリック・エネミー、ラキム気取り最高じゃないですか。ジャワ語で何言っているのかわからないのもいい!



こちらはスンダのグループです。女性VOのfeatがいいですね。
と言うことでインドネシア語をやっていたので興味があるだけで、やっぱりオイラは歌でないと。
すみません、酔ってます。
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 22:56| Comment(0) | プランテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

久しぶりのプランテーション+α

プランテ.JPG

久しぶりのプランテーションからの届き物。と言ってもエルフィのプルナマ時代復刻CD2in1の二枚だけ。ダンドゥット・ファンには狂喜のリイシュー登場だ!オイラも含めこつこつ集めてきた人は複雑な心境かもしれませんが、素直に喜びましょう。どこまでやるのか知らないけどBRAVO MUSIK頑張ってほしい。インナーには復刻が予定されてるカセットのジャケが掲載されている。見たことのないものもあり今から興奮しているのだが、残念ながらオイラの好きな“Reggae Assoii”は選外になっているみたい。トホホ...二度と日の目を見ないのか....。エルフィといえども全曲収録されてないものもある。B面になると男性歌手が登場したりね。まぁその辺は良しとしようではないか。いまのところ3枚出ているようです。楽しみです。

プルナマ音源といえば日本ではSyrin Farthatが有名ですね。とうようさんも傑作と言っていた。しかし日本てすごいよね。この作品CDもレコードも出てるんだよね。カセットもあるから、あと考えられるのは8トラぐらいか。ダンドゥット先進国だよ、ホント。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=NzGzan3u1zs#!

ちゅことで他のブツはジャカルタを訪れた知人に譲ってもらったブツ。しかし知らなかったぜ、ナンシーやエリッサのVCDがインドネシアで買えるとは。VCDというのがいいね。今どきどんなソフトやねん!

“SOEGIJA”のCDは六月に公開予定ガリン・ヌグロホ監督の映画のサントラ。音楽担当がジャドゥック・フェリアント。はっきり言ってこんなCD買っている日本人はマニアの何者でもありません。

http://gadogado.exblog.jp/14700264/

最近、CD買いすぎよ!。そんなあなたが怖いわ!誰か言ってくれ!

今日のレコ・ジャケ

へあー.JPG

ふ〜ん、こういうヌード&ヘアーの見せ方もあるんですね。勉強になりました。いや勉強してどうする。OSTですかね。EMIロゴが入っていてヘアーが見えてるレコ・ジャケははじめて見ました。
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 18:14| Comment(0) | プランテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

プランテーションからの届き物2

ぷら.JPG

この間、Soreng Santiのソンブレロ・ジャケの話をしていたら早速プランテーション店長が買い付けてきてくれた。ラッキー、今年はホントについてるかもしれない。でも実はプレーヤーを押入れから出してきていないのだ。なんとかしないと。

ロマのコレクターシリーズはVol.14 JuDIをもっていったん終了だそうです。オイラは正解だと思います。どんどんつまらなくなっていくしね。それより復刻するブツなんて沢山あるからそちらの方を手つけてくれ!って感じだけど、無理でしょうな。ロマだからここまで出来たんだよね。

ところでもう一つ気になっているのがNAKAさんのところで紹介されてる熟女ルークトゥン(ルーククルン)のアルバムだ。ジャケだけみてもちょっと臭う感じだった。オイラがベスト・アルバムで挙げた、Hi-Fi Countryと同じレーベルのようだし。基本的なつくり(バック)なんかもかなり近い感じ。ただ、歌手が熟女だという話。いいですね、こういう動きが現地でされているのが。インドネシアでいえば、ダンドゥットじゃなくてオルケス・ムラユーでいきましょうって感じだからね。辺境ファンクとか言ってタイの音楽を追っかけてるやつらにはこういう動きもバンコクにはあるんだと知ってもらいたいね。無理か辺境なんていってんだから。ディスク・ユニオンじゃ絶対置かない(売れないので)盤だろう。

http://www.youtube.com/watch?v=wt_UHFGiJN4
この曲も入っているんでしょうか。
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 20:21| Comment(2) | プランテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。