リセット!レコオヤジ!

2012年07月20日

レコオヤジ・チョイス!1

レコオヤジ.JPG

先月ぐらいから棚のCDを整理すべくいろいろとCDを聞きなおしている。いらないものは処分し、気になるものはここに記す。そしていつの日かは処分される。それもこれも遺品整理業者に持っていかれる前に何とか自分でしておきたい、気持ちの表れなのだ。いつ逝ってもいいようにと...、いつも逝っているけど...。

まず「ベラカミ」。「そんなやさしくベラかまないで もっと別れがつらくなるから」この詞にグッと来たんだろうなぁ〜、作詞は秋元康だぜ、あほらしい。02年発売だからオイラ40過ぎてる。
いい歳コイテこんなフレーズに何を想像していたのか。今だったらどうだろう。熟女シフトしてるからこんな感じか。「そんなにやさしく腹の肉つかまないで もっと別れがつらくなるから」て言われたらヤバイかも。

アラブ女は一時期相当きいたからなぁ〜、アルバム単位でARWAが良かった。まぁどれ聞いても似たり酔ったりだけど、このアルバムはこんなによかったかなぁ〜と思わせる出来で、ひろいモンでした。ジャー!彼女の2012年作も聞くのかというとそういうことでもないのです。

「リズムの変遷〜日本ラテン傑作選1931〜1957」いいですね。昨今の日本のジャスなどの復刻物。欲しいけどこれで我慢してます、てね。このCDでA&Rやってるビクターの人知り合いだったんだよ、今元気だろうか。

オイラの好きなマリの女性歌手Djeneba Seck新譜がでたようですね。一通り少しずつきいたけど、悪くないけど...の世界だったかな。この作品がすきだからね、これを超えるものではなかったのだ。

ばりすた.jpg

オリンピック、オリンピック、メダル、メダル、気持ち悪いですね。吐き気がする。
と言いながらバリスター先生のこの作品は知らなかった。

にょたい.JPG

女体とレコードの写真を探して数年、やっと日本人に出会いました。80年代初頭でしょうか。この質感がいいですね、ちょっとカビ臭いところもある。レコードにも拘りはあるが、女の縛りにも拘りはある。う〜ん、わかります。でもヒーマン・リーグの1stジャケはもっちょっと考えてもよかったのでは、というか、もう少し前面に出してもよかったのではないか。大きなお世話!EP盤は誰?

ひゅーまん.jpg
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 22:14| Comment(2) | レコオヤジ・チョイス! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お!バリスター全盛期のロンドン録音。このカセット持ってるなんて、オヤジさん、さすが。内容もすごくいいんですよね。ほぼ全作CD化されたシキルのアルバムで、ゆいいつ未CD化のアルバムですよ。
Posted by bunboni at 2012年07月21日 11:07
bunboniさん、すみません。オイラがそんな貴重なブツを持っているはずありません。見たことないジャケ、しかもカセットなので珍しいと思い他からパクッてきました。オリンピックがあまりに気持ち悪いんで、ネタで使ってしまいました。
Posted by 東京レコオヤジ960 at 2012年07月21日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。