リセット!レコオヤジ!

2011年01月29日

プランテーションからの届き物2

ぷら.JPG

この間、Soreng Santiのソンブレロ・ジャケの話をしていたら早速プランテーション店長が買い付けてきてくれた。ラッキー、今年はホントについてるかもしれない。でも実はプレーヤーを押入れから出してきていないのだ。なんとかしないと。

ロマのコレクターシリーズはVol.14 JuDIをもっていったん終了だそうです。オイラは正解だと思います。どんどんつまらなくなっていくしね。それより復刻するブツなんて沢山あるからそちらの方を手つけてくれ!って感じだけど、無理でしょうな。ロマだからここまで出来たんだよね。

ところでもう一つ気になっているのがNAKAさんのところで紹介されてる熟女ルークトゥン(ルーククルン)のアルバムだ。ジャケだけみてもちょっと臭う感じだった。オイラがベスト・アルバムで挙げた、Hi-Fi Countryと同じレーベルのようだし。基本的なつくり(バック)なんかもかなり近い感じ。ただ、歌手が熟女だという話。いいですね、こういう動きが現地でされているのが。インドネシアでいえば、ダンドゥットじゃなくてオルケス・ムラユーでいきましょうって感じだからね。辺境ファンクとか言ってタイの音楽を追っかけてるやつらにはこういう動きもバンコクにはあるんだと知ってもらいたいね。無理か辺境なんていってんだから。ディスク・ユニオンじゃ絶対置かない(売れないので)盤だろう。

http://www.youtube.com/watch?v=wt_UHFGiJN4
この曲も入っているんでしょうか。
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 20:21| Comment(2) | プランテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京レコ・オヤジ960さん、こんにちは。

「3G」は、アルバムの一曲目です。

ルークトゥンというより、ルーククルンなのですね。
Posted by naka at 2011年01月30日 09:36
>ルークトゥンというより、ルーククルンなのですね。
おーnakaさん、このアルバム持ってるの日本でnakaさんだけですよ(笑)ジャケが物語ってますね。スンタラポーンも含めタイ音楽再考でしょう。白人には分るまい。
Posted by 東京レコ・オヤジ960 at 2011年01月31日 19:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。