リセット!レコオヤジ!

2012年09月07日

新エル・スールへ行く!48

エロスル1.JPG

いや〜今日はいろんな意味で大収穫のエル・スールでしたね。やっぱりエル・スール行く前にスポーツクラブの浴場で自分の巨根を丹念に洗った結果だろう!努力すれば結果はついてくるのだ。

美しきサズ奏者Mercan Erzincaの新譜(左)、待ってましたよ。この美貌でブリブリのサズ弾きながらのハルクですからね、トルコって素晴らしい国ですよ。前作とどこが違うの?と言われても困るけど、今回はインナーにも熟れた写真が多く使われ惚れちゃいますよ。

で、もっと惚れちゃったのがOYA ISBOGA GRUP TURK KAHVESI / YAGMUR(右)ですね。SEVVAL SAM / II TEK の影に隠れてしまったけど、SEVVAL SAM とカタを並べそうなアルバムだ。とは、ちとオーバーか。なんでもうわさではあのミネ・ゲチェリと同じ音楽学校を出たとか。美しさもひけをとらない。いや〜トルコ美人歌手目が離せない!
ちなみにSEVVAL SAM / II TEK のCDについてはAstralさん がナイスな記事を書いているのでそちらを参考にしてください。
http://astral-clave.blog.so-net.ne.jp/

エロスル3.JPG

予算オーバーで上記2枚は断念。明日は大森レコファンに行って面影ラッキーホールの新譜を買わねばならない。う〜ん、上記2枚、欲しかった。ともにタンザニアのレーベルとか。(左)はケニアものだったかな、なんかゆる〜くてよかった。(右)はターラブ・モデルン。あえてインドネシア語ぽくいったけど、なんじゃこのジャケ!ターラブが絶滅の危機に瀕するジャケではないか。試聴すればよかった。

エロスル.JPG

アジアの棚の覗いたらカンボジアの80’SCDが出てきた。知らない、見たことないCDだ。いや〜ここはグッと我慢。明日は大森レコファンだ!
シングルのコーナーにあったベニャミンの本が売れていた。店長に聞いたらカセ男が買って行ったらしい。さすがカセ男、やるな〜と思った。

エロスル5.JPG

自分では馬並みにラテン音楽を聴いてきたつもりでいたけど、最近知らないレコードに遭遇していて、な〜んだオイラは素人だな、と思えてきた。今日は知らないラテンのレコードのジャケ写撮り放題だった。FAJARDOの上記ジャケもナマで初めて体験。状態もよく欲しくなった。しかし、こんなに世界の音楽を楽しめるレコ屋は世界に二つとないでしょう。改めて思うレコオヤジだった。

エロスル4.JPG

エル・スールと関係の深い二つの飲み屋。暑中見舞いのハガキが似ているの、すごく気になった。

今日の1枚

はだか4.jpg

おもむろに彼女はベッドをすり抜けオイラにこう言った!

「ねぇ、B面にかえていいハート(トランプ)♡」

か〜!言われてみたい!
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 23:11| Comment(0) | 新エル・スールへ行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。