リセット!レコオヤジ!

2012年07月05日

ロマンポルノって最高!2

しま.jpg

大好きだったロマンポルノ女優、志麻いづみのナイスなポスターを見つけたので飾っておきたい。高校の頃は部屋に数々の彼女の写真を貼っていたと思えば可愛いもんである。母親に「お前、女のハダカ写真ばかり貼ってバカじゃないのか!」と何度も言われたが、それ以上言われることはなかった。寛容な母親だった。オナニーを覗かれたときも「あ、ごめんね」と一言。そんな母を思い出すと涙が止まらない....。

志麻いづみを知ったのは中学三年だったと思う。雑誌かなんかで見た。巨乳ではないけどどこか気品に溢れた熟女モード、オイラは当時から年上好きだったからはまったのだ。それ以来、18くらいまで大変にお世話になった。高校時代には蒲田の日活映画館に通った通った。高校入学時、クラスで3番だった成績が卒業の頃には後ろから3番になっていたのは蒲田の日活映画館い過ぎたせいだった。バイト代もつぎ込んでいた。

ロマン・ポルノはオールナイトが楽しい!よく行った。映画館なのにタバコの煙でムンムン、オイラはそこでタバコを覚えた。隣の席のオヤジに股間を触られたことは何度もあったし、一番前の席でオナニーしていると思われる客に何度も怒られることもあった。オイラ達が後ろの席で騒いでいるからいいタイミングを逃してしまう、オイラ達も慣れてきてか、イキソウな場面でうるさくしたりね、支配人から怒られたこともあった。

このポスターの作品は見たことない。しかしいいポスターですね。ハダカのポスターなのに健全な世界がある。コンセプトもしっかりしている。もう一度高校生にもどれたなら....
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 21:22| Comment(2) | ロマンポルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

新エル・スールへ行く!42

えるす1.JPG

ハァハァハァ...今日はH店長が出演するラジオ、ワールド・ミュージックパスポートの日や!早く帰って聞かねば!と夜勤明けの体にムチ打ち走った走った!ちなみに職場から自宅まで走って帰ると2分とかからない。ラジオのスイッチを入れると終盤か、でもメチャ楽しそう、話が弾んでるやん!電話で出演の時はやる気のなさ全開だったのにこの変わりようはなんだ。さては二人の美女に囲まれてH店長東名汁出てるな!ほんまにH店長やん!真相を確かめるべく、エル・スールへ行く!

「お!レコ・オヤジさん、さすが臭いました」「何がです?」「Natasa Mpofiliouの新譜が入りましたよ」入店するなり出鼻をくじかれた。ラジオ生出演で藤井ちゃんと加藤さんに囲まれて東名汁出たかどうかを聞こうとしたのにNatasa MpofiliouのCDが気になって、そっちの話がどこかへ行ってしまった。

例のギリシャ音楽の音楽夜噺でH店長が最後の方で紹介していたNatasa Mpofiliou、その新譜が出た。規格外の見開きジャケで12曲なのに2枚組。いや〜ギリシャという国はわかりませんね、緊縮路線は音楽界には関係ないのか、誰が買うんだよこんなCDとは思ったけど、それだけ期待の大きい歌手なのかもと思えたりもしてきた。前作と顔変わっていないか!というのがオイラと店長の同意見だが、目元あたりをよーく見ると、なるほどと納得。CD1は前作にも見られたポップな路線。問題はCD2です。アルバニタキを思わせるトラッドを加味した世界、やれば出来るじゃん!て、この路線でフルアルバム作ろうぜ!と思わせる内容。久々の注目ギリシャ歌手登場ですね。希少入荷で今なら15%オフだそうです。ギリシャですからね、今度いつ入るか...。

もう1枚気に入ったのが、ナイジェリア盤です。このジャケで出ていたのか見たことないですね。だいたいオイラ、今はフジやジュジュにまで金がまわらないから卒業したんだよ、昔はガンガンいっていったけど。でもこのシナ・ピーターズとなんちゃらアデワレのナイジェリア盤(強調)にはイントロのかっこよさからやられた!久しぶりに気持ちイイ!

えるす2.JPG

ナイジェリア盤で笑ってしまったのがこの二枚。Obey70歳、Fatai85歳、ウソだろホントかよ!Obeyは他のジャケでは完全に小錦になってるし、Fataiはグラサンもいかすけど、どこかハルクホーガンはいってるやんけ!余裕があったら持っていたいジャケでした。

Tシャツとレコ・オヤジと...

かわち.JPG

エル・スールでセールだったので、買いました、続、続々カワチモンド。オイラの愛聴盤だった口臭音頭の三代目桜川梅勇うれしかったなぁ〜。若井ぼんの笹持っては、大阪在住時、月亭可朝が参議院選に出たとき選挙カー上で応援演説の代わりに歌ったのが印象的...いろいろ話は尽きないが....。

河内音頭といえば、要助さんイラストTシャツ着てジャカルタのダンドゥット・デイスコを徘徊していたのを思い出す。「カワチオンドトハ ナンデスカ」「カワチオンドハ ニホンノ ダンドゥットダヨ」と勝手なこと言ってマメカチ・ダンドゥットを踊っていたのはオイラだけだろう!丁度時間となりました、といってジャカルタの暗闇に消えていったのは二度三度ではなかった、いい時代だった。手がいやらしい!レコ・オヤジ!
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 22:26| Comment(0) | 新エル・スールへ行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。