リセット!レコオヤジ!

2012年07月20日

レコオヤジ・チョイス!1

レコオヤジ.JPG

先月ぐらいから棚のCDを整理すべくいろいろとCDを聞きなおしている。いらないものは処分し、気になるものはここに記す。そしていつの日かは処分される。それもこれも遺品整理業者に持っていかれる前に何とか自分でしておきたい、気持ちの表れなのだ。いつ逝ってもいいようにと...、いつも逝っているけど...。

まず「ベラカミ」。「そんなやさしくベラかまないで もっと別れがつらくなるから」この詞にグッと来たんだろうなぁ〜、作詞は秋元康だぜ、あほらしい。02年発売だからオイラ40過ぎてる。
いい歳コイテこんなフレーズに何を想像していたのか。今だったらどうだろう。熟女シフトしてるからこんな感じか。「そんなにやさしく腹の肉つかまないで もっと別れがつらくなるから」て言われたらヤバイかも。

アラブ女は一時期相当きいたからなぁ〜、アルバム単位でARWAが良かった。まぁどれ聞いても似たり酔ったりだけど、このアルバムはこんなによかったかなぁ〜と思わせる出来で、ひろいモンでした。ジャー!彼女の2012年作も聞くのかというとそういうことでもないのです。

「リズムの変遷〜日本ラテン傑作選1931〜1957」いいですね。昨今の日本のジャスなどの復刻物。欲しいけどこれで我慢してます、てね。このCDでA&Rやってるビクターの人知り合いだったんだよ、今元気だろうか。

オイラの好きなマリの女性歌手Djeneba Seck新譜がでたようですね。一通り少しずつきいたけど、悪くないけど...の世界だったかな。この作品がすきだからね、これを超えるものではなかったのだ。

ばりすた.jpg

オリンピック、オリンピック、メダル、メダル、気持ち悪いですね。吐き気がする。
と言いながらバリスター先生のこの作品は知らなかった。

にょたい.JPG

女体とレコードの写真を探して数年、やっと日本人に出会いました。80年代初頭でしょうか。この質感がいいですね、ちょっとカビ臭いところもある。レコードにも拘りはあるが、女の縛りにも拘りはある。う〜ん、わかります。でもヒーマン・リーグの1stジャケはもっちょっと考えてもよかったのでは、というか、もう少し前面に出してもよかったのではないか。大きなお世話!EP盤は誰?

ひゅーまん.jpg
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 22:14| Comment(2) | レコオヤジ・チョイス! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

新エル・スールへ行く!44

える.JPG

今日はこの時間からだいぶ酔っている。

どんなブツに出会えるか、どんな人と出会えるか、そんな楽しみがあるエル・スールレコーズ。確かにPCから新着アイテム見てオーダーする、便利だけどそれ以上のものはなくてね。オイラ、大阪時代はほんとに歯がゆかった。今は楽しいね、エル・スール行くのが。ほんといろんな客がいて面白いし、PC上では出会えないブツとの出会いも...。

クーラーも風呂もない六畳一間、毎日、熱中症と戦いながら音楽聞いているから、正直、フィーリンとか関係ないんだけど、使ってますね、フィーリン!本来ならクーラーの程よく効いたソファかなんかに座って、いまならハイボールかな、飲みながらフィーリン!いいなぁ〜!でも昨日クーラーなくても楽しめるナイスなフィーリンを店長に紹介してもらいました。DORIS DE LA TORRE(左)です。何でもキューバ政府に干されてアメリカに亡命した歌手のようです。なかなか魅了的な歌手で気に入りました。どうにかならないのかこのジャケとは思いましたが、オリジナルもトホホなようです。先日紹介したLOS RIVEROも歌っていた“ASI”という曲はジャズぽいナンバーでやっていて、即、ソウニュウいやコウニュウしました。
http://fidelseyeglasses.blogspot.jp/2008/03/doris-de-la-torre-tu-dominas-cuba-1959.html

昨日の大収穫、いや今年の大収穫の一つと言っても過言ではない、全く知らないギリシャ歌手のCD97年作の出会いがありました。エル・スール開店当時から現在まで15年、ほとんど誰に知られることなく、ひっそりとエル・スールのギリシャの棚に収まっていた。その名もエロフィーリ!



名前からしてオイラに発見されるのを待っていたようだ。地味なジャケだけど(右)、声質もよく、上手いし、何より少しけだるさが漂う歌い方が最高だ。ハリスのバックを勤めることもあるようで、全く知らない存在だった。アルバム全体、レベーティカを現代感覚で歌ったアコースティックなアルバムでかなり気に入った。現在はオッサンたちとグループも組んでるみたい。しかし15年の月日は恐ろしい!熟女になっている。この作品以外、数枚アルバムが出ているようだかはたして入手が可能だろうか、ぼちぼちといってみたい。

まろや.JPG

出会いはまだあった。今度は人との出会い。意外にもH店長がオイラの好きな日活ロマン・ポルノ女優志麻いづみを好きらしく話が弾んだ。でも自慢じゃないがH店長よりオイラは彼女に数倍お世話になってるぜ!それから話は「花山大吉」という昔の時代劇の話になる。オイラ、最近、花山大吉を見習っておからを二日に一食は食べている。そんなアホな話をしていたら上記ポスターを持ってEBさんが入ってきた。EBさんと会うのは10年以上ぶりで、あ〜こんな再会もあるのかと、少し東名汁が出た。レユニオンのアーティストの話もいろいろと聞けて、じゃ〜、というんで、H店長とEBさんとオイラで国境の南で軽く飲むことになった。そこでもレユニオンの話とか聞けてかなり有意義だった。楽しい夜をオッサンばかりだけど過ごせました。これもエル・スールに足を運んだから実現できたことなのです。

すっぴん.jpg

どうやらH店長生出演ラジオ、「ワールド・ミュージックパスポート」(しかし何度聞いてもダサい番組タイトル)は高校野球中継とかその他の関係で夏休みだそうです。9月からの再開とか。上記美女に囲まれてナマ出演ですよ、H店長。何度も言うけど東名汁出てるでしょ!あ〜オイラもきゅうりになりてぇ〜!こんなにデカクないけど。

今日のポスター

すけ.jpg

この映画知らなかったッス!彼女スタイルいいなぁ〜!足なげ〜!
肝心のところが見えないのがイイ!こんな彼女ならハイキックで一撃されたい!
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 20:06| Comment(0) | 新エル・スールへ行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

オイラを癒してくれるレコ・ジャケ達!4

れい.jpg

ツイッターに気になるジャケをいろいろつぶやいていたけど、面倒になってきた。やはりブログのほうがいいな。まとめて見れるし。やーめたツイッターでのレコ・ジャケつぶやき。

Ray Cuestas Y Su Conjuntoなんて全然知らない。初めて見たこのジャケ。レコ屋のURLが入っていないの探したんだけどみつけられなかった。AVの表紙を飾ってもおかしくないレコ・ジャケ、すきだなぁ〜。でも中身はつまらなそう、そこがいいんだよね、中身も良かったらすでに知られているだろうしね。

じょい.JPG

Ray Cuestasは医療関係に親戚でもいるのかね、やけに拘るよね。ただ好きなだけか。こんな女医(看護士?)に注射打たれたいと思ったのかね。胸元のファスナー全開だぜ!これでチチが見えてしまったらただのエロ・ジャケになってしまうからプライドが許さなかったんだろうな、わかる、わかる。

びーる1.jpgおと03.JPGくんび3.jpg

さーふぃん.jpgくんび2.jpgそのーら.jpg

さるさ.jpgばけつ.JPGラテン.JPG

意外と知っていたつもりでいたラテン世界のレコ・ジャケですが、まだまだ未知の世界、いやオイラ好みのレコ・ジャケはあるもんですね。頑張って探そうと思いました。

今日の写真

ぼんご02.jpg

いや〜いい写真ですね。80年代初頭ぐらいのビニ本のワンシーンですかね。レザー黒パンツはいて叩けもしないボンゴ叩いたつもり。全然ラテン臭はしないけど、哀愁をかんじるなぁ〜!こういうビニ本たかいんだろうなぁ〜!





posted by 東京レコ・オヤジ960 at 21:10| Comment(0) | レコジャケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。