リセット!レコオヤジ!

2012年06月26日

韓国のフィーリンを感じて!

ふぃ.JPG

この間の「遥かに聞くギリシャ歌謡とチン・ビンタの今昔」のあとの飲み会で、7月半ばエルスールからリリースされるV.A/ FEELING FEELIN'『フィーリンを感じて』がBGMでかかっていた。かなり良い選曲で発売が楽しみなのですが、何もフィーリンを感じるのはラテン音楽だけじゃないのだ。

築40年、六畳一間の暗い部屋でトッポギをつつっき、やかんから注がれるマッコリを飲みながらポンチャックを聞く、これ以上のフィーリンは今のオイラには存在しない。

カセット争奪戦で入手した韓国ものやっと聞き終わった。予想通りのフィーリン!1/3はテープが伸びていて聞くことが出来なかったけど、これとて想定内のフィーリン!80年代終わりから90年代にかけ、いかにこうした音楽を真剣に聞いてこなかったつけが今頃回ってきた。こんなにフィーリンだとは思わなかった。これからも追い続けるとしよう!

今日の裏・ジャケR-2693849-1299131232.jpg

体とのバランスがとれてない巨乳がフィーリンしてますね。ウラジャケでよかったと言う感じさえします。
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 17:03| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

はるかに効くチン・ビンタ!(Cing Bintang)

はるかに.JPG

昨日のギリシャ音楽の音楽夜噺、思ったより参加者が少なかったなぁ〜、まぁ、あんなもんか。知った顔が多かったし、エル・スール顧客オールスターズほぼ勢ぞろいと言う感じだった。個人的にはレンベーティカ以前が面白かった。特にハリスも歌っている「AMANES」を歌ったローザ・エスケナージがよかったなぁ〜。「俺はサイコロを振った」「私がコカインを吸う理由」など全歌詞読みたい内容の曲もあった。いまだに女性ライカだったら80%買うオイラだけど、こうした洗練される前のギリシャ音楽、もっと深く聞いてみたい気になった。

音楽夜噺終了後の同じ場所での飲み会がまた凄かった!久しぶりにお会いしたY師匠、ピタンピタンピタンとパワー全開でした。オイラや土木さんは慣れてるけど、他の方は圧倒されたことでしょう。

ハジレコ(初めて買ったレコード)を各々紹介なんてこともあり、オイラが「怪獣王子」と言ったらKさんが「え、アイ・ジョージ」と聴き間違えたのが大うけだったり、H店長のトークも絶好調でした。

二次会はこれまた恒例のエル・スールで。ご馳走さまでした。これほど世界の音楽が聴けて楽しいお酒が飲めるレコード店は世界のどこにもないでしょう。9月には15周年パーティーがあります。今から楽しみです。

そうそう、ギリシャといえばちょっと毛色が違うけどクリスティ・スタシノープルの新譜が出ていたのですね。

今日の裏・ジャケ

R-1013833-1257706658.jpg

な〜るほど。表ジャケにはちょっと地味かな。ハダカでリボンつけてレコード取り出してる。ナイス裏ジャケ。
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 22:30| Comment(4) | 新エル・スールへ行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

トルコ美人歌手を追え!27



しかし、これまた美人やな〜、詳細分からず。
すこし、物足りなさも感じるが良しとしよう!
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 21:35| Comment(0) | トルコ美人歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。