リセット!レコオヤジ!

2012年01月28日

トルコ美人歌手を追え13  注目の歌手Dilek TÜRKAN

Incesaz 4 - Mazi Kalbimde

51TCxEfO2aL__SS500_.jpg

少し前だけど土木作業員さんとツイッターでDilek TÜRKAN というトルコの美人歌手についてつぶやいていたことがある。

@この曲はどのCDに収録されているのか。
Aこの新譜はイマイチやな〜という話だった。→http://www.esenshop.com/detail.aspx?id=66624

その後、オイラも気になっていろいろと調べてみた。
まず、@の曲についてはこのサントラの4曲目ではないだろうか。彼女の名前が表記されていないのでわからないが。間違ったらすみません。→http://www.esenshop.com/detail.aspx?id=20254

Aについては悪くないけど、バックがいま一つという感じだ。

で、彼女の他のアルバムはないのか探していたところincesazというグループと05年と09年にアルバムを作っていることが分かった。インストも含まれるアルバムのようで彼女の歌は限られているが。



上記ジャケは05年作。そのアルバムの↑のBirapkina Yanginimという曲がオイラ好みで気に入った。@のサントラにどことなく通じるじゃないですか、CD欲しくなってきた。というよりDilek TÜRKAN要チェックですわ! 何としてもincesazからみの05年作と09年作は欲しいですね。関係各所の方、よろしくお願いします。

参考:http://www.amazon.co.jp/Incesaz-4-Mazi-Kalbimde/dp/B0047D2XR4



昨日、エル・スール行ったらこのオバチャン、他にもいいアルバムがあるそうな。その内入荷すると思うけど。

ということで、今日は酒飲んでないのでエロはナシ!
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 16:45| Comment(2) | トルコ美人歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

レコ・オヤジ蜘蛛の巣に絡まる!

ラバラバ.JPG

前回紹介したlaba-laba笑って聴いてたけど、蜘蛛の巣に絡まって身動き取れないのってオイラじゃねぇかよ!誰か助けてくれ!

laba-laba歌ったsuzanちゃん、KDI(Kontes Dangdut TPI)のファイナリストじゃん!なのにあんなPV取らされちゃって。まぁ大物になるには修行だわな。

しかしまぁ〜蜘蛛の巣が頭から離れない。確か歌謡曲のシングルで蜘蛛の巣ジャケがあったと思うんだけど誰だったか思い出せず、ネットリ・サーフィンしてたら上記ジャケを発見した。あのアングンがlaba-labaなんて曲を歌っていたとは。でもダサいジャケ。「イヤ〜ン、蜘蛛の巣に絡まって出れない!出して、出して、中に出して!」なんて雰囲気全然ないジャケでつまらん!ロックを歌ってた頃だろうけど、コノジャケじゃ曲もトホホだろうな。suzanちゃん見習えよ!



蜘蛛の巣で思い出すのが陳寶珠(チャン・ボーチュー)の上記映像だ。体育館で文化祭の出し物でもやっているかのノリがすきやねん。

買わなきゃ分からない?

あああ.JPG

今日、エル・スールへ言ったら店長に「ブログ、エロ・サイトになりつつありますね」と言われた。基本はレコードやCDを紹介しているのだが、ネタに困るとエロになる。つまり酔うと下ネタ話するオヤジのブログてことで。だいぶ飲んだので。そうそう皆さん肝臓に負担をかけないよう、お酒もほどほどに。上記CDは買わなきゃ分からないCDなのか、どうなのか。う〜ん焼酎もう一杯!
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 22:00| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

レコ・オヤジ基準を超えたインドネシアもの



SAMBASUNDA QUINTET / JAVA はちょっと期待しているんですけど。紹介しているサイトがなくて参考にならず困っている。給料日(25)過ぎないとエル・スール行けないし。

さて、18時前だというのにもう酔っている。夜勤明けだから酒のまわりが早い。久しぶりにインドネシアものネットリ・サーフィンしました。幸いにもオイラの基準を超えるものがいくつかありました。

Laba labaて蜘蛛じゃなかったっけ。何よりダンドゥットPV史上蜘蛛の巣が(トホホなロープです)出現したのは初めてでしょうね。家中蜘蛛の巣だらけで外に出れず恋人に会えない。でも親の借金を返す代わりにへんなオヤジと一緒にならなければならない。この発想こそがオイラの求めるダンドゥットなわけですよ。ちょっとミルナワティ似のsusan合格点です。



Keroncong Rohaniなんて初めて知りました。まぁキリスト教徒でもクロンチョンを歌っていた人は沢山いたと思いますが、宗教色を反映させジャンルとして確立した人はあまりいないのでは。既成のクロンチョンにはないどこか洗練された(いいか悪いかは個人の好み)感じ、いきなりピアノから入ったりとか。クロンチョンに刺激が欲しかったオイラにはどこか新鮮に聞こえました。が、アルバム一枚はちょっと無理かな。

癒される!

tumblr_lp2ju4PGO61qa70eyo1_1280.jpg

オイラも人形で遊びたい!そんなお店ないだろうか。
posted by 東京レコ・オヤジ960 at 18:55| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。