リセット!レコオヤジ!

2011年09月19日

新エル・スールへ行く!26

アリック・マチェソー

ジンバブエ.JPG

最近のアフリカ音楽が面白くないと思っているのはオイラだけだろうか。だからトルコやギリシャの熟女に走ってしまったし、というか走ってるし、挙句の果てにはAVまで行き着いてしまった。買ってないね〜アフリカもの。

そんなオイラの欲求不満を排泄してくれたのが、エル・スールの秘密兵器といわれるジンバブエのアリック・マチェソーだ!sunguraと呼ばれる音楽で、まぁリンガラの影響下というかブンドゥ・ボーイズを進化させたというか、とにかくカッコつけんなよ!これだろアフリカ音楽って世界だ。チェソ・パワー炸裂ですよ!こうでなくちゃ!まさか本年度NO.1のアルバムがジンバブエから出てくるとは思わなかったZ!悔しかったら聞いてみろってんだ!

いや〜夜勤明けで、スポーツジム行って熟女のケツ拝んだからこういう傑作に出会えたんだろうなぁ〜!上玉熟女はいなかったけど、もし上玉熟女いたらエル・スール行かなかったモンね、ついてる!映像は自分で探してね。

えるすーる.JPG

アリック・マチェソーがいなかったらBANDATON(左)が今日一番の収穫だっただろうなぁ〜。ジャケがオイラの歯垢にぴったりハマッテルのがいい。スーザ・フォンに寄り添うラテン美女。デカイものにはまかれろ!という感じがタマラン!パンツはいてんだろうけど、よーく見るとなんかアソコの部分が修正されてるような、そうでないような。ジプシー・ブラスのパクリもあるんだろうけど、このおバカ加減はオイラにはたまらない。

アリック・マチェソー聞いちゃったら同じアフリカもので分が悪いかな。ファトゥマ・ジャワラ(中)、いいアルバムです。売れるでしょうね。ロキア・虎俺を思い出しました。

アリック・マチェソー聞いちゃってもギリシャ熟女は探します。EFI KODOU(右)このアルバムは90年代のどこ切ってもライカなアルバム。00年以降には聞かれない素朴さがあっていい。掘り出し物ギリシャまだまだあるなぁ〜と実感しました。

ギリシャ.JPG

で、ギリシャといえばこんなのが一枚だけポロっと入荷してました。さすがエル・スール。ダラーラスに先立つこと6年、ゴラン・ブレコビッチ製作のアルキスティス・プロトプサールティの91年作。名盤ですね。ダラーラスのあの作品を気に入られた方なら絶対GETでしょう。しかし20年前の作品とは。当時オイラ30歳!関係ないけど。

シーラ.JPG

最後はアジアもの。いい熟し加減のシーラ・マジット。こんなアルバムあったんですね、というか新作なの?シティちゃんはロンドン・フィルだった?間違ったらすみません。ちょっと聞いてみたいです。

今日は、いや昨日か、エル・スールでビールや焼酎をご馳走になり、いい音楽教えてもらって大満足。久しぶりにアオラのTさんにも会い、充実した日々でした。



ということで今日は「明日へつながるAV」はお休みです。

追記

カントリー.JPG

あ、忘れてましたよ。今、エル・スールでは密かなカントリー・ブーム。この美女達のCDもすごく気になりました。エル・スールがカントリー専門の店になる日も近いか...。







posted by 東京レコ・オヤジ960 at 00:56| Comment(0) | 新エル・スールへ行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。